ウィンドウを閉じる
エチケットマナー

【服装・携帯電話】

  1. 服装等については、当クラブに相応しいものをご着用ください。
    • Tシャツ・ジーンズまたはそれに類する服装でのご来場やプレーはご遠慮ください。
    • 襟や袖のないシャツはもちろん「短すぎるパンツ」や「短すぎるスカート」等でのプレーもご遠慮ください。
    • 履き物については、サンダル及びスニーカーでのご来場はご遠慮ください。プレーに際しては、ゴルフシューズ及び靴下を必ずご着用ください。
<夏期のドレスコードについて>
平成29年6月1日〜9月30日の期間は男性、女性共にジャケットの着用は不要と致します。

■夏の服装
夏・来場時 夏・プレー時

■冬の服装
冬・来場時 冬・プレー時
  1. 携帯電話は、
    • クラブハウス及びコース内(パッティンググリーン、練習場、コース売店を含む)では、マナーモードに設定のうえ、通話は周辺の人の迷惑とならないよう十分注意してご使用ください。
    • 食堂・ロビーでの通話はご遠慮ください。

【プレーの迅速化】

  1. スタート時刻を厳守してください。
    スタート時刻20分前までにフロントで受付を済ませてください。15分前までに受付がされない場合には、スタート時刻を変更する場合があります。
    また、昼食後のスタート時刻の厳守には特に留意してください。
  2. 先行の組との間隔が空きすぎないようスロープレーに十分注意し、ハーフラウンド2時間10分以内を目標としてください。
    また、先頭の組は2時間を目標としてください。
  3. ホールアウト後、プレーヤーは後続組の打球に対し安全な場所を通り、直ちにグリーンを離れるようにしてください。
  4. マーシャルの指示に従い、プレーの進行にご協力ください。
  5. バックティ使用許可条件は、ハンディキャップが15以下の者で、1組のハンディキャップの合計が60未満であること。

【コース内での安全確認】

  1. 練習スイングを行うときは、ティーインググラウンド外の場所で周囲の安全を確認してから行なってください。また、練習スイングより、コース、特にティーインググラウンドでディボットを取ったり、芝を損傷しないように注意してください。
  2. プレーヤーがストロークする場合、前の組のプレーヤーが球の届く範囲外に出たことを自分自身で確認してからプレーを始めてください。
  3. 打球するプレーヤーより前に出ないでください。
  4. 落雷警報が発令された場合には、必ず避難してください。

【他のプレーヤーへの配慮】

  1. プレーヤーがボールをアドレスしたり、打つ間は、他の者は動いたり、話したり、ボールやホールの近くに、またはプレーの線の前後に立たないでください。
  2. 他のプレーヤーのボールの行方もよく見てください。
    また、ボール捜しは、5分以内にしてください。

【コースの保護】

  1. スルーザグリーン
    切り取った芝は直ちに元のところに置いて踏みつけ、またボールあるいは自分で損傷させたパッティンググリーンは入念に修復してください。

  2. バンカー
    • ショットの跡は自分できれいにならし、低い個所から出入りしてください。
    • 使用したバンカーレーキは、バンカーの外でバンカーに近い箇所にグリーン上のピンに向かって真っ直ぐ置いて下さい。
  3. グリーン
    • スパイク、バッグ、旗竿などでグリーンを損傷しないように注意してください。旗竿の抜きさしとボールをホールから拾い上げるときにはホールを損傷しないように気をつけてください。
    • グリーン上にクラブ等の物を置かないでください。
    • 使用していないグリーンやティーインググラウンドの上は歩かないでください。

【その他】

  1. 喫煙は、指定された場所でお願いします。
    また、コース内の喫煙は灰皿のあるティーインググラウンド周辺でお願いします。
  2. ロッカー室、風呂場、洗面所、コース売店はすべて禁煙です。
    また、食堂も全館禁煙となっております。
  3. 脱衣場、風呂場はお互い気持ちよく使えるよう気をつけてください。
    浴槽に入るときは、下湯をつかってから入るようにしてください。
  4. コースからクラブハウス内に入るときは、靴の裏側に付着した泥、落葉、刈草等をよく落としてください。
ウィンドウを閉じる